nenkin

金融機関からまとまったお金を借りるにあたっては担保が必要になりますが、将来の年金を担保にしてお金が借りられることは意外と知られていないようです。

実は、公的な融資制度として年金担保型ローンが整備されており、一定の要件さえ満たしていれば将来の年金を担保にしてお金を借りることができるのです。

今現在、日本国内で提供されている年金担保型ローンは、

  1. JFC(日本政策金融公庫)
  2. WAM(福祉医療機構)

の2種類です。

基本的な仕組みはどちらも同じですが、担保にできる年金の種類でいえばJFCのほうが幅広く、WAMのローンでは共済年金は範囲外となっています。

以上の違いをふまえると、公務員として長く働いている方は共済年金を担保に含めることのできるJFCのローンのほうが利便性が高いかもしれません。

一般の銀行や消費者金融と比較して目に見えて低金利であることも、年金担保型ローンの大きなメリットです。JFCの年金担保型ローンを例にとると、年利は何と1.9%。

大手銀行のカードローンでも2%から3%が相場ですし、消費者金融にいたっては最高で約18%もの利率が設定されていたりします。

ではなぜ、年金担保型ローンでは圧倒的に低い金利を実現しているのでしょうか。それは、貸し付けの目的が銀行や消費者金融とは根本的に異なるためです。

銀行や消費者金融はお金を貸して得られる利息によって利益を生み出しているのに対し、年金担保型ローンの場合は社会保障としての側面がメインであり、ローンそのものが利益を得る手段ではないのです。

以上の理由から、年金担保型ローンでは銀行や消費者金融では実現できない低金利をキープすることができ、一般的なローンよりもゆとりをもった返済プランを組み立てることができるのです。

年金担保型ローンは低所得者向けのセーフティネットとして機能していますが、生活保護との同時申請は原則として認められません。

また、申請時点で完済していないローンが残っている場合もそちらのローンをクリアにするまでは申し込むことができず、他の種類の支援システムの利用が勧められることがあります。

この他にも収入の上限など、細かい条件がいろいろと定められていますので、初めての申請の際には戸惑うことも多いかもしれませんが、ウェブサイトや自治体の窓口などで詳しい説明を受けることができますので、まずは一度相談だけでもすませておきましょう。

現行の法律では、JFCとWAM以外の年金担保型ローンはすべて違法となってしまいますので、申請の際には充分に注意しましょう。

家を担保にお金を借りる制度

denki

不動産を担保にして融資を受けることが可能です。消費者金融だけでなく金融機関となる銀行や信用金庫でも不動産を担保にした融資をメインに行っています。

不動産に該当する家を担保にお金を借りることが可能です。土地の方がより融資に有利になりますが家を担保にお金を借りることも可能になっています。しかし、不動産の分類に該当しますが、土地と比較するとデメリットがあります。  

不動産担保の融資を受けることになるので、無担保の融資と比較しても金利が低く融資できるメリットがあります。しかも、融資額が多額になることで返済期間も長くすることができます。

融資に有利な借り入れ方法になりますが、土地と比較してしまうとどうしてもデメリットもあります。  

土地と比較するデメリットでは、建物の評価額は年々減少してしまうことです。しかし、非常に高額な建物や人気の間取りになっている建物であれば評価額もある程度維持することができお金を借りる限度額の範囲内で利用できるものです。  

土地を担保にするほどの融資額でない場合には、家を担保にすることで利用できる場合には、こちらを担保にして金融機関で融資を受けることができます。不動産担保に該当するので、金利が安いだけでなくいろんな目的で活用できる融資を受けることができます。

また、融資金額が大きくなる借り入れであっても金利を低くできるのが不動産を担保にするメリットです。家も不動産に該当するので同じように有利な金利で借り入れを行うことができる制度です。

金融機関によっては不動産でも家を担保にしてお金を融資する商品を提供している金融機関もあります。この金融機関であれば家の担保で融資を受けることが可能です。金利も低く設定されているものもあり、負担の少ない借り入れを行うことができます。  

金融機関のなかには、自宅に住みながら家を担保に老後の資金を借りる商品を提供する金融機関もあります。

最終的には家を売却して返済するリバースモーゲージのシステムになりますが、住宅ローンの利用のような制度になっており、特に高齢者にとっては魅力ある融資制度になります。

これらの融資制度を提供する金融機関が増えていることで家を担保にして融資を受ける制度は、利用者によっては非常にメリットのある借入制度になります。

そのため老後資金を準備する必要がない人にもこちらの方法を採用することで、老後資金の心配をせずに生活していくことが可能です。上手に活用することで、メリットのある家を利用することができます。

国からお金を借りるのは意外と簡単?制度と申請方法

お金を借りる方法というと、一般の方にとっては消費者金融や銀行などへの申し込みが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、実は国による貸付制度も充実しており、申請要件がととのっていれば消費者金融よりも低い金利でお金を借りることができます。

国からお金を借りるにあたってぜひとも利用したいのが「生活福祉貸付制度」です。

これは、突然の失職やケガ、長期間の病気療養などによって生活費その他の捻出が困難になり、所得が著しく低くなってしまった対象者に向け、当座の生活費および住居費などを貸し付けることで生活の援助を行う、という制度です。

生活福祉制度は大枠の制度であり、そのなかにいくつかの支援制度がもうけられています。

収入がまったくなくなり、明日からの生活費にさえ困窮するかもしれない、というケースでは「総合支援資金貸付制度」が利用できます。

この制度を利用することにより、たとえば不慮の事故などで働けなくなるほどの怪我を負い、収入が途絶えてしまったとしても、国のほうから毎月の生活費が貸し付けされる(月額20万円以内)ので失職によって暮らせなくなる、ということをふせぐことができます。

返済期間は本人の生活状況などによって変わってきますが、平均的なケースでは約20年の期間が設定されており、貸付金額と比較して返済期間が長くとられているため月々の返済に苦しむ、ということもありません。

月単位で生活費を借りることさえ難しいほど暮らしに困窮している、という場合には「緊急小口資金貸付制度」がおすすめです。

この制度を利用すれば毎月数千円単位の小口資金を国から借りることができ、生活費の足しにすることができます。

月々の返済額は6000円前後で、返済の負担によって生活が苦しくならないようなプランを組み立てることができます。

今回御紹介した制度以外にも、国による資金貸付制度はまだまだたくさんあります。これらの制度を上手に組み合わせることによって、不測の事態により一時的に生活に困窮したとしても慌てることなく、当座の生活資金を確保することができます。

貸し付けというかたちではありますが、かなりゆとりのある返済期間がもうけられているため民間の消費者金融よりもはるかに良い条件で返済をつづけることが可能であるのもこの制度の大きなメリットです。

ネットで「生活福祉貸付制度」と検索すれば詳しい申請条件などが確認できますので、万一のトラブルに巻き込まれる前にあらかじめチェックしておきましょう。

今すぐお金が必要!困った時に本当に頼れる金融機関は?

04

予定外の出費がつづき、月末になってお金が足りないことに気づく……そんな場面はよくあるものです。

ひとり暮らしをはじめたばかりの学生、家計のやりくりに頭を悩ませる専業主婦、年金だけではなかなか贅沢ができないお年寄り。

お金が必要になるシチュエーションはそれぞれの立場によって異なりますが、急な出費が家計の危機に直結する点は共通しており、そうしたニーズを反映して銀行や消費者金融からの借入件数は年々増加しています。

今すぐお金が必要、という場合にまず頼れるのは消費者金融です。

書類審査だけで数週間以上の時間を必要とする銀行とは異なり、即日融資も可能にしている消費者金融であれば最短でその日のうちにお金を借りることができ、とりあえず今月、来月を乗り切りたい、というニーズをかなえることができます。

消費者金融の即日融資は便利で助かりますが、金利には注意が必要で、最高で年18%という高金利を設定している金融業者も少なくはありません。

貸金業法の改正により年収による借入額の上限がもうけられ、キャッシングのハードルが引き上げられたとはいえ、多重債務や利息の返済に困窮するいわゆる借金苦の相談件数は増えつづけており、年間の自己破産申請件数も一定の水準でキープされています。

高金利であるにもかかわらず、消費者金融の利用者数と借入額が減少傾向に転じないのは、テレビCMの影響が考えられます。どの消費者金融も知名度のある女優やタレントをイメージキャラクターに抜擢し、CMなどに起用しています。

消費者としては「知名度のあるタレント」というだけで一定の安心感がありますから、ついつい金融業者ということを忘れ、気軽にお金が借りられるかのように錯覚してしまう、という現象が起きています。

消費者金融のほうもCMによって少しでもイメージのクリーンアップをしたいという戦略なのかもしれませんが、一歩間違えれば多重債務に陥る危険性があることをきちんと明示したうえで、借入のリスクについてもわかりやすく伝える必要があります。

また、消費者金融が大手銀行グループの傘下に入ったことも利用者の増加に拍車をかけています。

テレビCMなどで知名度のある大手消費者金融のほとんどは銀行のグループに入っており、そのことが大々的にアピールされていますので利用者としても「消費者金融でも安心して借りられる」というイメージが広がっているようです。

もちろん、消費者金融のイメージがクリーンになっているのは事実ですが、だからといってリスクそのものが引き下げられるわけではありませんので、すぐにお金が必要であっても即日融資に安易に飛びつかず、返済プランを慎重にシミュレーションしたうえで借入を行いましょう。

お金を借りる方法は様々ありますのでご自身にあった方法をご検討ください。
参照元:お金を借りる17つの方法|あなたに合ったお金の借り方が見つかる!